ロゴ

注文住宅だからこそ実現可能【コストを抑えつつ理想的な住宅GET】

間取りを決めるときは注意が必要?

注文住宅を購入するときは、最初に住宅デザインを業者と一緒に決めていきましょう。住宅デザインを決めるときは、デザインにチカラを入れるだけではなく間取りにも気をつけてデザインを考えてみてください。

間取り決めで気をつけるべきことランキング

住宅模型
no.1

今の生活スタイルを確認し最適な間取りをイメージ

現在の生活スタイルを確認することで、どの部分に収納スペースを増やすべきか、どの部屋の間取りを大きくするべきかイメージすることができるため、必ずこの確認はしておきましょう。生活スタイルのイメージをしておくことで、納得のいくデザインを目指すことができると言われています。

no.2

水回りの位置も慎重に決める

住宅の中でも頻繁に使うキッチン・バスルーム・トイレ・洗面所などは生活動線に合わせて位置を決めるべきと言われているため、注意するべき点2位に選ばれています。水回りの位置をどこにするかで、利便性や衛生状況が変わることもあるため、事前にしっかり決めておいてください。

no.3

日当たりでデザインや階数を決める

立地条件で住宅への日当たりは変わるため、この部分も事前に確認し注意しましょう。日当たりが悪い場所なら、窓の数を増やすか2階建てにして日当たりがなるべく良い場所にリビングを設置するなどの工夫ができます。窓の数や階数は建設前に決めるべきポイントのため、注意するべき3位に選ばれているのでしょう。

注文住宅建設前にチェック!コストダウンの秘訣

少しでも金額を抑えたいと考えている人は、コストダウンの秘訣をチェックしてみましょう。注文住宅の魅力は、自分がイメージする住宅を作ることが可能という部分ですが、あれもこれも叶えようとしてしまうとコストがかかってしまうため、どこを削るべきなのか調べ現実的な予算に合わあわせて検討してみてください。

コストダウンするために見直すべき点

つみき

間取りを見直す

思った以上に費用がかかっている・・・という場合は、間取りの見直しをしてみましょう。延床面積や吹き抜け作業をするさいの作業コストなどを確認し調整することで、大幅に予算を抑えることが可能と言われています。

設備機器の見直し

注文住宅建設のときに、便利な住宅設備を設置する人は数多く存在しますが、不要な大きさ・数の設備機器を設置してしまうと、そのぶん余計にコストがかかってしまうため必要な大きさ・数なのか再度チェックしてみてください。

内装の見直し

住宅の内装にもこだわりたいという人は、どの部分をこだわるのか事前に決めておきましょう。見えない部分は安い壁紙を使うなど、メリハリを付けることで内装デザインにこだわりつつコストを抑えることができます。

エアコン設置の場所確認

購入・設置・維持費用がかかるエアコンの設置台数も、住宅デザインの際に決めておきましょう。あまり多くのエアコンを設置してしまうと、その分コストがかかってしまいます。もし、将来的に増やす可能性があるなら、通気口や室外機を設置する場所を決めておきましょう。

注文住宅を建てるなら調べておくべき!マイホーム計画に必須な情報

室内

理想の注文住宅を建設するなら抑えておこう

マイホームは注文住宅で購入する!と決意している人は、不動産会社に依頼する前にどういった部分に気をつけてデザインするべきなのか確認しておきましょう。また、建築にかかる最低限の費用・書類・予算の組み方・依頼から引き渡しまでの流れなど、知っておくべき情報は幾つも存在します。ですから、細かい部分もしっかり調べて把握しておくことが大事です。

[PR]
希望にピッタリの家を作ってくれます!大阪で注文住宅を建てるならこちらに依頼して理想的なマイホームを手に入れませんか?

[PR]
1級建築士に家づくりを相談しよう。福岡で注文住宅を購入する際は、リーズナブルな価格が人気なこちらをどうぞ。

[PR]
滋賀で注文住宅をGET☆
専門業者は慎重に選ぶべし!

注文住宅メーカーを奈良で利用しよう

広告募集中