ロゴ

健康住宅で体の不調を寄せ付けない!健康的に暮らしたい人は必見

HOME>記事一覧>相性の良い住宅で健康で快適に暮らす!【プロと一緒に健康住宅計画】

持ち家のメリット

理想のマイホームを建てるために、工務店と共同で作る人は少なくありません。また、巨大な土地にインフラなどの整備を行ない一戸ずつ販売する分譲住宅も購入者が毎年多く、住宅展示場に人が詰めかけます。資産価値があったり、賃貸とは違い気を使わず生活できたりなど一戸建には沢山の魅力があります。しかし、その一方で住宅における健康被害も報告されています。

住宅による健康被害

  • 化学物質を使った建築資材や家具による健康被害
  • 室内の寒さが原因で発症する血圧上昇や風邪
  • 住宅内の温度差が大きくなると出やすい血圧変動
  • 結露が原因となるカビやダニの発生
  • 建築資材の匂いや色などによるストレス

今注目される健康住宅とは?

健康住宅とは、住む人の健康を考えて作られた住宅をさします。建築時に必要な木材はもちろん、塗料やその他材料も健康を害する有害物質は含まれません。健康住宅とはすなわち、天然素材のみで作られた最良住宅の一つなのです。

健康住宅の気になる効果

部屋

新鮮な空気が吸える

家づくりに欠かせない断熱性能や気密性、そしてもう一つ欠かせないのが換気性です。密閉性が高すぎると、湿気がこもりやすい家になり、カビやダニの繁殖を促すだけです。自然素材の家は、機材や内装材が天然素材なため、湿気を吸うことが可能です。また、家全体を換気できる構造なので、湿気のこもりを最小限に抑えられるでしょう。

耐久性の高い家ができる

ただ単に、体に優しい家というわけではありません。人が住む上で丈夫さというのはとても重要と考えます。もちろん、健康住宅も安心して長く暮らせるように耐久性を高くし、よりよい住まいづくりを専門業者は目指しています。

断熱性が高まる

寒い地域にお住まいの方は、脱衣所で脳内出血や心筋梗塞を起こす可能性が高いです。これはヒートショックと呼ばれるもので、原因は室内の温度差が関係しています。重要なのは、家全体の断熱性をアップさせることなので、健康住宅も外断熱を施した天然素材を活用しています。

相性の良い住宅で健康で快適に暮らす!【プロと一緒に健康住宅計画】

ウーマン

家づくりのプロに相談をしよう

健康住宅のような家族が安心して長く暮らせる家を作るには、プロの力が必要です。マイホーム購入は、資金返済を念頭に入れて長期的なライフプランが必須となるでしょう。多くの場合、安さを先に考えますが広い視点でプランニングすることで、数々のメリットが得られるのです。

広告募集中